上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trick or Treat!



てことで、10月31日はハロウィーンですよ!!



ケルト人の収穫感謝祭とキリスト教が合わさって生まれたというこのお祭り。 11月1日はキリスト教ですべての聖人と殉教者「オール・ハロウズ(All Hallows)」を記念する日だそうで、その前日、10月31日は「ハロウ・イブ(Hallow Eve)」と呼ばれ、やがて19世紀にアメリカに持ち込まれたのち、「ハロウ・イブ」がなまって「ハロウィン」となったとか。
もともとケルト人の1年の終りは10月31日で、11月1日から冬が来るとされていました。 つまり「太陽の季節」が終わって、「暗闇の季節」が始まるわけです。
そしてこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたため、10月31日の夜には死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくるとされていました。 
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚くことが習慣となっていったのがハロウィーンということだそうです。



そしてハロウィーンと言えば!
忘れちゃいけないジャック・オー・ランタン(Jack-O'-lantern・お化けかぼちゃ)!
悪い霊を怖がらせて追い払うため、カボチャを刻んで怖い顔やおもしろい顔を作り、ハロウィーンの晩に家の戸口に置いておきます。



というわけで。 (前置きが長くなりましたが)山猫☆オー・ランタン~!



genmahallowin

「おかしください。」

ゲンマさんは「いたずら」って言っても、お菓子なんだろうなあ。



misc_pumpkinizerhayate

「菓子ですって?!よこしなさいよ!」

そして姫様は問答無用でお菓子(食い物)だろうけど、お菓子を差し出してもきっと「…なによ!これ?! アタシの口に合うもんだしなさいよ!」と怒るんだろうなあ…。



…山猫・オー・ランタン、皆様の魔除けにいかがですか?



http://glassgiant.com/で、左上の「Pumpkinizer」を選択。 写真をアップロードするだけでカンタンお化けかぼちゃの出来上がり~☆



スポンサーサイト

日本シリーズもおわり(…これ以上はノーコメントで)ここのところめっきり冷えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 
すっかり怠け癖がでて、ブログ更新、コメントのお返事、共にさぼりにさぼりまくっています(汗)。 ごめんなさいm(_ _)mm(_ _)m ちょっとずつペースを取り戻していきますので、気長に付き合ってやってくださいませ。
とりあえずは近況報告だけでもちょこちょこあげていきたいと思ってます。 
うーん、でもそうするとモブログとかのほうが都合がいいのかしら? …な~んて、知ったかぶり(…?)する前に、まずは文明の利器・携帯を電話を受けるかける以外でつかいこなさなくてはな!



さてさて。
横→の猫温度計の設定がトロントのままですが、どうやら山猫兄弟+アオ生息地信濃の国と似た様な気温のようです。 まあ、つまりは寒いんですよ~。



寒がりのアオ家では先日床暖をいれました。 家全体につけてるわけではないんですけどね~。 それでも足元が温かいとかなり違ってきます。



兄弟は初めての床暖。 反応はこちら↓。

thankyou2
「…悪くないわね。」

thankyou3

超久しぶりの腹だし寝…!(感涙)

幸せそうでしょう~q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p やっぱり冬の猫はいつも以上に可愛いわ!





…と。 うっとり悦にはいって戻ってこれなくなる前に、これだけは忘れずに。
皆様、ゲンマさんの不調を心配してくださって、ありがとうございました。 とってもたくさんのお見舞いのお言葉。 近くで見守っていたアオも遠くで胸を痛めていたアカも、そして一番たいへんだったゲンマさんにもしっかり届きました。 本当にとても嬉しかったです。
ゲンマさんは皆さんのパワーのおかげかこの一週間ほどでぐんぐんと調子がよくなってきていて、以前ほどではないですが、ご飯もちゃんと食べるようになりました。 一時はほとんど口にせず、口にしてもすぐに吐いていたので、少量でもしっかり食べてくれてほっとしています。 おしっこ&うんもの調子もよく、遊んでもいます。 
ゲンマさんは病気がちですが、なんといってもトロント→日本という超長距離&長時間の旅を乗り越えた強い子ですから。 きっとこの調子ですぐにもとのキューティ王子に戻ってくれることでしょう(^◇^)(^◇^)



最後になりましたが、お見舞いに来てくださったご近所さん・鯖猫さん、心強いエールを送ってくれた南仏のまここっつぁん宅4ニャンズ、そしてメールやコメントをくださった方々、本当に、本当にありがとうございました! 



thankyou4

「たくさん、げんきになりました。」



おっとりまったりの我が家のキューティぽっちゃり王子ゲンマさん。
帰国直前に緊急入院したのですが、実は尿管結石だったのでした。



帰国3日前、急にトイレに頻繁に行くようになり、なおかつ家のいたるところにおしっこをちょっとずつするようになったゲンマさん。
引っ越しのラストスパートで家具や人が大量に出入りし、忙しくてあまりかまってあげられない日が続いていたので、きっとストレスが溜まったのだろう、マーキングみたいなものだろうと思い込んでいたアザラシーズ。
ところがその日の午後。 
今度は洋服の上にしゃがみ込んでおトイレ体勢をとったゲンマさんを、アカが「ここはダメ~」とひょいと抱え上げ、猫トイレに運んで行ったのです。



そしたら。 ゲンマさんが。 アカに。 「フーッ!」って。 ∑(゜Д゜|||)




これはおかしい。 絶っっっ対おかしい。
温厚を猫の形にしたようなゲンマさんが、こんなにも殺気立ってるなんて…
急に不安になったアザラシ2頭、予約もないまま救急病院に走り込み、結果ゲンマさんは急性尿道結石ということで緊急入院。
まだ早めの発見だったため、尿毒症も膀胱炎も起こしていませんでしたが、もしそのまま気付かず飛行機に乗っていようものなら、命も危なかったとのこと!
カナダ生活最後の1週間は、肉体的にも精神的にも本当に辛い時間となりましたが、それも記憶からぶっ飛ぶくらい、ただただゲンマさんが無事だったことに、安堵と感謝の気持ちでいっぱいでした。
その後たくさんの方々の応援を受けながら順調に回復し、ご存知のとおり、お陰さまで無事日本の地を踏むことが出来たのです…



が。



帰国2週間後。 何だか様子がおかしい。
よくよく様子を見ていると、何度もトイレに行っては踏ん張っている割に、おしっこの量が少ない…








こ、この状況は…!Σ( ̄ロ ̄lll) 








そう、例の帰国直前の様子と似ている…! 
けれどゲンマさんはご機嫌であの時ほど切羽詰った様子はないし、おしっこを触ってみてもざらざらなんかしてないし。(結石かどうか知る上で、これが一番手っ取り早い方法なのです)
けれどけれど、やはり気になります。 てことで翌日病院に行くことにしました。






sick2

びょういんいやーんです。









[ゲンマさんの災難]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。