上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調べたことを復唱しつつ、ペットショップにやって参りました。



ちなみにカナダではペットショップで犬猫を売っていることは、あまりありません。
鳥や魚や両生類やウサギなどの小動物はいるのですが。
犬猫はブリーダーさんから直接、購入するのがどうやら主流。
ただシェルターから引き取られた里親さん募集中の猫が何匹か常時いるお店はあります。
なかなか良いアイディアだと思いますが、どうでしょう?





さて、話を戻しまして。

トロント市内では多分一番大きなペット用品ストア。 アメリカ資本のチェーン店です。
うちのお子さま達が食べている缶詰は、日本でもよく見かける某大手ペットフード会社の鮭味とシーフード味、そしてたまにヘアボールコントロール用のもの。
ドライフードもこのメーカーのものですが、こちらは獣医さんでしか売っていません。

それともうひとつ、ゲンマさんのダイエット用に最近日本にも進出し、テレビでも宣伝しまくりなポップなロゴがキャッチーなメーカーの、缶詰を三日に一度の割合であげてます。
だって毎日だと食べないし…。
これもあらゆるメーカーのダイエット缶を試して、唯一口にしてくれたものがこれ。

このお店の中ではランクの高い(はず)の愛用の缶詰たち。
残念ながらすべて「by product」つまり副産物いりです。
ですので缶詰は全部変える方針で。

日本の郊外あるホームセンター並に大きな店内を、安全な猫缶探してうろうろ……。



(1時間経過…)



え…い、一個もない…マジ?



実をいうとお店に来る前、少しでも安全な猫缶やドライフードの名前をネットで調べておいたんです。
アメリカの猫専門家(!)のコラムで、自然派のキャットフードを紹介しているページがありまして。
日本でも手に入るらしい、「ナチュラル・バランス」「イノーバ」「アズミラ」…その他いろいろ。
日本帰国後もしばらくはごはんに困らないように(だって無茶苦茶わがままなんです…)、これらのキャットフードを優先して探してみたんですが。

それすらもない!
ほかの、例えばカナダ産の自然派猫缶もない…。



ペットフードの現実の厳しさを見た気がしました……。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamacan.blog46.fc2.com/tb.php/11-06b663cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。