上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
img133.jpg

ヤル気満々


ハヤテ姫はエキセントリックだ。
興奮するとまわりが見えなくなる姫様が、本気で遊びだしたらもう誰も止められない。



姫様は家中を駆け回る。
そしてその道すがら見つけた、たとえばほこりや猫毛、その他もろもろの口に入るものならなんでも食べる。




ダダダダダッ!! (←走ってる)
ピタリ (←立ち止まる)
パクリ (←食べた)
ハムハムハムハム (←本当に食べるときこのような音がする)
ダダダダダッ!! (←再び走りはじめる) 



……よくわからない。
と、とにかく、そんなエキセントリックな姫様。
先日とんでもないことをしてくれた。



興奮して走り回っていたハヤテ姫。
その目の端に今回入ったのは、なんと糸のついた針
どちらかというと針よりも糸が気になった姫。
糸を口に入れた。
しかし糸の先には針が…。



そこでふと顔を上げる縫い物をしていたアカ。
アカが見たのは口から針をぶら~んと垂らした姫様…。



「Σ(゚Д゚ ;) ぎゃーーー!!ハ、ハハハハヤテ!!! だだだ、出しなさい!!!」



ムンクの叫びのように絶叫するアカ。
大きな声を出されたことに驚いて逃げる姫。
おろおろするゲンマさんとアオ。



「ままま待って!!ハヤテーーー!!」



ソファの下に深く逃げ込んだハヤテ姫。ものすごい形相で追いかけてきたアカを見て、『ぬう。アタシからこれを奪うつもりね!』と認識したらしい。
その目がキラリと光る…
ま…まずい。ハヤテの負けず嫌い根性(?)に火をつけてしまったのか?!



食ったろ。(ハムハムハムハムハム↑加速。)



「ぎゃーーー!!!\(T□T; )))((( ;T□T)/  いやーーー!!!」



なすすべもないまま、意味もなく部屋中をぐるぐると走り回るアカとアオ、そしてゲンマ(←わかってない)。



そして数分後。
なんだかすっきりした顔をして、ソファの下から這い出してきたハヤテ姫を捕獲。
今にも死にそうな顔をした小間使いたちが、その口をこじ開ける。



………ない。………



ああ。飲み込んじゃったのねーーー!!!(T□T)



『あんまりおいしくなかったわ。アンタのせいよ!』とばかりに、アカを不満と侮蔑の目で見やるハヤテ姫。
す…すいません…



そ…そんなことより病院!病院!病院!!
半狂乱でケージを引っぱり出そうとしたその矢先。
ゲンマ王子がソファの下で何かのにおいをふんふんと嗅いでいる。
?なに?
ソファを動かしたアザラシーズが見たものは。



よだれでびちょびちょぐちゃぐちゃになった糸の固まりと一本の針。



よ…よかった……はずなのに、この敗北感は何…? _| ̄|○

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamacan.blog46.fc2.com/tb.php/22-32c5b5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。