上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「アザラシーズ」って、何者?


ありがたいことに、ブログに来てくださるみなさまから、最近よくこの質問をされます。
夫婦? 
友達? 
性別は? 
一体いくつ?(←これは教えられん…ガクガクブルブル( ̄□ ̄;))


思えば1ヶ月半前に、唐突にブログを始めてしまった二人。 
この46日間のエントリーを振り返ってみれば、あら?もしかして自己紹介まだしてなかったりして…
というわけで、今回は「ものぐさ・うっかりアザラシーズ」形成の流れをご紹介です。

興味を持ってくださった奇特な方はどうぞ↓こちらへ~

20世紀終了間際、アメリカはオレンジの国の語学学校で遭遇。 この時はお互い、アメリカの大学進学の予定でした。
ところがどっこい、人生とはままならないもの。(←それは今も。)
なんちゃって運営だった語学学校のミスで、大学からいきなり入学取り消しされちゃった(ポカーン(゜Д゜))アオと、大学からもらえる奨学金が予定より少なすぎて「んまあ!そんなはした金じゃ、残りの学費払えませんことよ!(悲(@□@))」とオロオロしていたアカ。 
当時知り合ったばかりでしたが、『こりゃもうアメリカ脱出!!(T□T)』というわけで意気投合し、近場で弱ドル安学費+牧歌的なイメージ(…)のカナダへ一緒に引越そうと決めたことがすべての始まり。



それからというもの、一人一人の運はそれほど悪いとは思えないのに、なぜか二人揃うとトラブル続き。
泣く子も黙るスラム街で車が止まり、高速道路で空を飛び、アメリカ移民局と戦い、パスポートが何故かブラックリストに載りかけ、カナダ入国するなり「家なき子」、その他エトセトラエトセトラ。(その間、たったの2ヶ月…) 
ドキドキワクワク(というよりびくびくおどおど…)の連続だったため『吊り橋効果』のなせるワザか、気分は運命共同体。 血が通っていなくても家族と等しい存在になれるとは、人の縁とは不思議なものでございます。



しばらくカナダの西玄関口・バンクーバーで、も少し英語を勉強し、それからアオは東へアカは西へ。
それぞれの大学生活を送っていたのですが、ひょんなことから二人ともトロントの大学へ編入となり、3年ほど前から2LDKのアパートをシェアするルームメイトと相成りました。
そしてさらに1年半前、動物シェルターでハヤテ姫&ゲンマ王子と運命の出会いを果たし、現在の二人+二匹の生活に落ち着いたわけです。
二人とも環境学部の学生だったため、「環境サイト立ち上げたいなあ…」と常々思っていたのですが、在学中は学校でいっぱいいっぱい。 今年4月に卒業が確定するに当たって、ようやくサイト&ブログデビューするにいたりました。




…ってこれ、環境サイトだったのかよ?!!Σ( ̄□ ̄;)というツッコミはなしですよ。 ちゃんと「山猫の缶詰。」「山猫のぼやき」とは別にこっそり存在してます。 はい。 



悩んだのがハンドルネーム。 
分かりやすいHNがいいよねえ…といろいろ考えていたのですが、二人ともハヤテ姫の馬。 
そして馬の名前といえば昔から「アカ」と「アオ」に決まってるじゃん!(…あれ?思い込み? 『まんが・日本むかしばなし』に出てくる馬の名前は必ずこれだったんですけど…)というわけで、これをHNに決定。
ブログもサイトも、とくにどちらが何を書く、と決めているわけではなく、気が向いた時に別々だったり一緒にだったりと、好き勝手に書いています。




ともあれものぐさ・うっかり・どんぶり勘定、しかもご飯のときにしか外に出てこない「ウツボ」気質と、そもそも持っているキャラが似ていたこともあるのでしょうが、こうやってアザラシーズは出来上がっていったのでありました。
こんな二人がどんぶり運営しているブログ&サイトですが、1ヵ月半という短い間にたくさんのステキな方にお越しいただいて嬉しい限り。 
これからも精進しますので、どうぞよろしくお願いいたします。└(^o^ )X( ^o^)┘





…あ、最後になりましたが、二人とも気持ちだけはぴちぴち(…)の♀です。
夫婦、もしくはカップルだと思っていた方、それはそれで面白いけど残念ながらハズレでした~。( ̄m ̄*)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamacan.blog46.fc2.com/tb.php/58-ecb53c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。