上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安に落ち着かない気持ちを抱えながら、速効で倒産野郎・PetNetの引継ぎ会社「24 PetWatch」にメールを送るアザラシーズ。



ああ…頼むから! 頼むからできるだけ早く返事くれ…!



しかし今回ばかりは、どうやらきまぐれな猫の神様も興味を示してくれたようだ。 



なんとカナダの会社としてはありえないくらいの速さで、たった三日(←マジでありえません)で返事が来たのだ。 どきどきしながらメールを開いたアザラシーズが見た最初の一文は…

「残念ながらPetNetのマイクロチップはISO規格ではありません。」



……ノーーーーーッッ!!! \(T□T;)))(((;T□T)/




ああ、猫の神様。 
なぜにそのようにアタシたちを次から次へと見放すのですか…(遠い目)





一瞬現実逃避しかけたアザラシーズを、こちらの世界に引きとめたのはその後に続いたメールの内容であった。



「対策としては: ①もう一度ISO規格のマイクロチップを埋めなおすマイクロチップ・スキャナーを購入して検疫所に持参する。 というものがあるかと思います。 ちなみに現在のチップを読み込める製品は○○です。」



!!!ちょっとクリス(←担当者の名前)! 
もしかして世にも貴重な『仕事できるカナダ人』 ?!!



そ、そうか。 そんなに悲観することはないのか。 
ちょっぴり励まされつつ、とりあえずまず帰国時に使う可能性のある、複数の空港検疫所に連絡を取る事に。 
ここで使われているスキャナーで読めさえすれば、上記のどちらもする必要がなくなる。
ちなみにマイクロチップの埋めなおしは一匹50ドル、スキャナーは約400ドルほどらしい。



すでにここまででかなりの出費をしているため、できればこれ以上無駄な出費は避けたい。
帰国時使用する空港をまだ決めていないものの、確率的には成田か、今流行(?)のセントレア(中部国際空港)だ。 ウワサによると、空港の検疫所はとても親切に質問に答えてくれるらしいので、小心者のアザラシーズでもきっと大丈夫に違いない。




ということでまずは成田。
事情を説明してマイクロチップのメーカー、番号などを伝えるとすぐに確認を取ってくれた。 どうやらチップ番号がわかれば、その桁数や番号の組み合わせで読み込み可能かどうかわかるらしい。 
結果は「大丈夫」とのこと。 そのすばやい対応にゴキゲンのアザラシーズ。 



よーし。この調子でもういっちょ!



そしてセントレア。
こちらは番号での確認はできないが、チップのメーカーから考えるとまず大丈夫とのこと。 しかし、もしダメだったら大変な事(つまりすべての書類が無駄=180日の係留)になるので、セントレア空港で使っているスキャナーの種類をメールするので、こちらで確認を取ったらどうか?とのアドバイス。 
親切丁寧な対応に感動しながら、メールアドレスを伝え、お礼を言って電話を切る。



そして、なんとその後分後にはもうメールが!





ああ…! 
やっぱりニッポン万歳! \(T▽T)/






そしてメールの「動物検疫へのご理解ありがとうございます」という最初の一行にさらに感動するアザラシーズ。





これよ!これなのよ!
本当の意味で、『大事な相手』って思われてる感じ!!
カナダでは味わえねーーーーー!!!






どうやら猫の神様はご機嫌のようである。



早速例のクリスに、検疫が使用するスキャナー3種類の名前をメールし、それらで読めるか確認してもらうことに。 どうやらクリスは、やはりカナダ人としてあるまじき『とてもとても仕事の出来る人』だったらしく、なんと数時間後には返事が…



「すべてのスキャナーは対応しています。 大丈夫ですよ。」




あ・い・し・て・る!!! 
クリス!!!!(# ̄3 ̄#)(←いきなり愛の告白)





つまりこれで本当にマイクロチップに関する問題はなくなったのね!!ってことは、予防注射も抗体値もOKってことなのね!





ひゃっほう!!!\(≧▽≦)/






『…だけどやっぱり、空港決まったら絶対もう一度検疫所に確認とろう。 そんでやりとりしたメールもプリントして持っていったろ…』…手をたたいて喜びながらも、心の中では『こんなうますぎる展開、穴があるに違いないのさ。はっ。( ̄~ ̄)「』と確信してしまうくらいには、人生いろいろ辛酸をなめているアザラシーズなのでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamacan.blog46.fc2.com/tb.php/60-fd1891bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。