上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山猫兄弟祭り 後夜祭」で発表した「しりっぽ劇場」
強奪してきたぶんの展示準備が終わりましたので、第二期募集を大々的(?)にかけようと思います。



(「たぶん、もうアザラシーズにうちのしりっぽはくれてやったはず。」という方々。 お時間のあるときにでも「しりっぽ劇場」をご確認ください。 もし何か間違いや、「もっとこうして!」というものがありましたら、お手数ですがご一報をお願いしまーす。)



で。 TB先だった「しりっぽ祭り」が分かりにくくなったので、TB用エントリーを書いてみました。



「しりっぽ劇場」とは「山猫兄弟祭り」の前夜祭として行なわれた、「しりっぽ祭り」で頂いた、すばらしき「しりっぽ」を集めた展示会場であります。
しかししりっぽ好きなアザラシーズは、頂いた分だけでは飽き足らず、「しりっぽ、もっとちょうだい。ちょうだい。」という、熱き情熱にかられ、劇場での第二期募集をはかることにいたしました。






↑劇場入り口。



「しりっぽ」とは「しり」+「しっぽ」の造語。
当劇場にて、その魅惑の曲線のすばらしき饗宴を、じっくりとご堪能ください。



そして「しりっぽ劇場」では、常にすばらしき「しりっぽ」の発掘に余念がありません。 毛つき生き物のしりっぽでしたら、いつでも大歓迎。
メール、もしくはTBで、ぜひ我が劇場にしりっぽ贈呈をお願いいたします。 写真の大きさは横、または縦の最大を500ピクセル以内で展示させて頂きます。
(TBの場合:劇場支配人・アザラシーズが、寄贈者様のお宅までしりっぽを受け取りに参ります。)



それでは皆様、しりっぽワールドへようこそ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamacan.blog46.fc2.com/tb.php/92-ffb8dc30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。